2010年06月13日

欧州へ。§3パリ編 Part41 InterContinental Paris Le Grand #2

それでは、ホテルのお部屋をもう少し詳細に取材します。
まずはテーブルの上に設置されていたウェルカムキット。
P1050873
手書きのウェルカムメッセージでした。
あとはエビアン瓶。
真ん中の缶は何でしょうねぇ。。。
開封します。
P1050874
プチフィナンシェの詰め合わせでした。
InterContinentalロゴはサイドに入っていました。
でも製造はホテル内ではないらしく。。。
http://www.astruc.fr/
こちらのURLが記載されていました。
有名なお店なんですかね。。。

そしてこの缶の隣にあった小さな袋。
P1050877
CAFE de la PAIXのキーホルダーでした。
裏はInterContinerntalロゴ。
ずっしり感が堪りません。
カフェ・ド・ラ・ペはInterContinentalの0階にあるカフェで、有名らしいです。
私は外から眺めた位ですが。。。

次は冷蔵庫。。。
P1050887

P1050888
ロンドン同様、動かしたら課金冷蔵庫です。
でも一応フリースペースがありました。
ロンドンはなかったですからね。。。
でも恐ろしくて使いにくい。。。
冷蔵庫の上のテレビです。
P1050890
液晶でした。
TVでインターネットも出来ます。
インターネット料金ですが、自前のPCでネットをする場合1時間7EUR、24時間24EURなのですが、このテレビでインターネットをする場合、24時間12EURで設定されていました。
安いですがブックマークがないので自前のPCで使ってましたが。。。
両方使った場合、両方請求されるんじゃないかなぁって思います。

バスルームのアメニティですが、
P1050872
ロクシタンでした。
ネイルケアのキットや裁縫セットもロクシタンのケースに入ってました。
裁縫セットは。。。ロクシタンで作ってないと思いますが。。。
P1050868
スリッパもバスルームにありました。

カードキーはこんな感じ。
P1060322
裏はI SPAの広告でした。。。
P1060319


posted by itsuka at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

欧州へ。§3パリ編 Part42 InterContinental Paris Le Grand #3

次は部屋の窓の紹介です。
P1050886
もちろん開閉可能です。
このぐらいまで開けることが可能。

だけではなく。。。
P1050879
金具外してしまえば。。。

!!!
P1050880
バルコニーにだって出ることが可能。
P1050881
バルコニー自体は狭いのですが、私の部屋は窓2つ分占有でした。
P1050883
HOTEL SCRIBEです。ここはaccor hotelsです。
P1050884
丁度InterContinentalのロゴのところの部屋でした。。。

直下はこんな通り。
P1050885
この右端の交差点にロワシーバスの停留所があるのです。

さて、一通り取材活動も終わりましたので、良い時間ですし食事に向かいましょう。

部屋を出てエレベーターではなく、エレベーターホール正面の階段を使ってみます。
P1050896
階段も素晴らしいです。
P1050895
下をのぞき込むとかんな感じ。
と言うことは。。。
P1050897
上も見上げてみました。

ホテルを出ました。
P1050898
すぐ近くに見慣れた看板が。。。
三越パリ店です。
ドアは自動ではありませんが、ドアを開けてくれる人が常にいました。
中に入ってみましたが、狭いです。
もちろん日本語圏でした。
特に欲しい物もないので一通り見て出てきましたが。。。
この並びには。。。
P1050899
うーん。。。
怖くて入れませんでした。。。
posted by itsuka at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

欧州へ。§3パリ編 Part43 パリ最初の食事

InterContinentalalParisLe-Grandeはパリのオペラ地区にあります。
オペラという名の通り、パリのオペラ座、パレ・ガルニエのある場所です。
昼公演がない日は内部の見学が出来るそうです。
今回は中に入らなかったんですが。。。
P1050903
写真左の建物がInterContinental、右がパレ・ガルニエです。
もちろんこっち側の部屋の方が人気があるんでしょうねぇ。。。
ここから見えるのは四方八方こんな感じ。
P1050901
まさにパリ。
P1050902
幸せです。

食事出来るところも色々ありますので少し通りを歩いてみます。
フランス人は普段何を食べているんでしょうねぇ。。。
毎日フランス料理って事はないと思いますので。。。
通りにある店を見ると、ピザとかパスタとか。。。
イタリアンが多いようです。
フランス人は普段はイタリアンなんでしょうねぇ。
そしてここでも
P1050904寿司屋さんです。
やはり人気なんですねぇ。。。

一通り見たところで、入りやすそうだったホテル近くのイタリアンへ。。。
メニューを見てオーダーします。
程なくして水とワインがとパンが運ばれてきます。
P1050907
もちろんフランスパンですね。このひび割れ具合が堪りませんねぇ。。。
そして前菜です。
P1050906
トマトのサラダ。もちろんメニュー見ても解りませんから、tomatoという単語を見て注文したんですが。。。
メインはこちら。
P1050908
魚料理をオーダーしたんですがね。。。
メニューに写真が出ていた料理を注文したら今日は無いというので、写真の無いこれと言って注文したのがこれでした。メニューにサーモンという文字を見つけたので決めた。。。
うーん。。。
魚料理というよりは。。。マッシュポテトメインですが。。。
仕方ないですね。
でもマッシュポテトは想像以上に腹にたまる物です。
味も悪くないです。
もちろん完食です。

全部で35.1ユーロの支払いでした。

Chez Clement Opera
http://www.chezclement.com/
三越の並びです。
三越無くなったら基準がオペララーメンになるのかなぁ。。。

さて。。。
パリにはコンビニがあるんでしょうか。。。
ニューヨークだったらドラッグストアを探せば良いんですがね。これまでにセブンイレブンのサインはおろかそれに近いお店を見てません。
所々通りにKIOSK風スタンドがあるので、これがコンビニを兼ねているのだと思われます。
しかしこのスタンド、18時前後で閉店しちゃうんですよ。
食後に何かを買おうと思っても買えない。
と言うことで、こうなってくると残る選択肢はファーストフード店ですね。
ドリンクなら買えます。
マクドナルドはあります。でも少ないですが。。。

では食後にもう少し散歩しましょうか。
posted by itsuka at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

欧州へ。§3パリ編 Part44 食後の散歩

P1050909
AMEXのサービスセンター。ここで両替もやっているようです。
この脇がロワシーバス乗り場です。

更に歩くとプランタンです。
P1050913
この中に高島屋のサービスコーナーがあるそうです。
P1050914
今の時間は8時前後だったと思うんですが。。。
明るいです。カメラだと自動補正されて更に明るく感じます。
でも流石にこの時間になると車は少ないです。
P1050915
サン・ラザール駅です。
P1050916
パリから郊外に行くには国鉄で行くことになるのですが、パリの中に集中駅がある訳ではなく、パリ市内に終点駅がいくつかあります。
行き先によって使う駅が違いますので注意が必要ですね。
今回はパリ市内に限定するので関係ないんですが。。。

さて。。。いくら明るいとは言え、夜の海外、一人で歩き回るのは私の主義に反しますので、そろそろ戻ることにします。
P1050918
帰る道すがらアシアナの営業所を発見。
それだけですけどね。
P1050919
ホテルに戻ってきました。
パリの夜景を撮りたいのですが、まだまだ明るいのです。
部屋に戻って暗くなるのを待っていたのですが、気付くと寝てしまい。。。
気付いたときには日付が変わってしまったので、外出は自粛することにしました。
10時でも暗さが足りなかったかなぁ。。。

と言うことで、パリ初日はおしまいです。
posted by itsuka at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

欧州へ。§3パリ編 Part45 GRANDE ARCHE

翌日。
8時頃起床。
朝食は付いていないので、身支度を済ませ、早々にホテルを出ます。
短いパリ滞在ですから、時間を有効に使わなければ。。。なんて私らしくないですが。。。

と言うことで、AUBER駅へ。
ここで回数券を購入します。
S1060422
カルネという物です。パリ市内のPERと地下鉄は均一料金なので、これで乗り降り出来ます。
10枚で11.6ユーロでした。
入るときに裏に日付が打たれます。
地下鉄駅から出るときは切符は回収されませんが、PERの場合は切符がないと出られないそうです。

AUBER駅は地下鉄とPERと両方停まる駅です。
平日の通勤時間帯ですから電車はそれなりに混雑していました。
そしてまず来たのはこちらの駅。
P1050922
GRANDE ARCHE DE LA DEFENSE
今回のパリで、唯一のパリ市外です。
AUBERからだとPERで直接来ることも出来ますが、その場合カルネでは出られませんので、別途切符を購入するか、Charies de Gaulle Etolieで地下鉄に乗り換える必要があります。

駅も巨大です。
とりあえず外に出ます。
外に出ると、目的地の目の前ですが、近すぎて写真に収まらないので少し場所を移動します。
晴れてはいるのですが、とても寒いです。
ちなみにここはこんな感じでオフィス街のようです。
P1050926

P1050927
こんなところにもUNIQLOの看板が。。。
P1050928
ものすごく近代的なビルばかりです。
P1050929
パリというよりかはアジアの都市かと思うぐらい。。。
P1050930
マップがありました。
P1050931
きっと再開発地区なんですねぇ。。。

で、ここに来た目的は何かというと。。。
これです。
P1050924
第2凱旋門です
正面から見るとよく解りませんが
P1050925
少しずれるとこんな感じ。
P1050932
近づくと解るんですが、門でもオブジェでもなく、ビルなんですよね。
P1050933
比較対象があると大きさが解ると思います。
P1050934
第2凱旋門は凱旋門の直線上に作られているので、
まっすぐ先には凱旋門が望めます。
posted by itsuka at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

欧州へ。§3パリ編 Part46 凱旋門へ

それでは次の場所へ移動しましょう。
再び駅の中へ。
P1050936
この駅はこんな感じで巨大ターミナルなんですよ。
上にあれだけのオフィスビルがあるのを考えたら当然なんですねぇ。。。

マックやコンビニ並みの売店など色々あります。
ただ、パリのマックは写真入りのメニューがないので、注文には手間取りそうです。

そー言えば朝食どうしましょう。
旅に出ると食事もろくに取らなかったりするので、売店でこんなサンドイッチを買ってみました。
P1050937
3ユーロしなかった気がします。
まぁ、おいしいとは言えない。。。
でも空腹を満たすには丁度良いです。

ここはPERの改札と地下鉄の改札が分かれています。
パリ市外ですので、カルネではPERの改札は通れませんので地下鉄の改札から地下鉄駅へ降ります。
反対のホームに電車が入ってきました。
P1050940
こんな感じで窓が大きく明るい電車です。
P1050939
で、ちょっと気になったのですが。。。
P1050938
線路の上を走っていると言うより線路の中に車輪があるような感じですが。。。

GRANDE ARCHE DE LA DEFENSEから、CHARIES DE GAULLE ETOLIEで降ります。

ここになにがあるかといえば。。。
P1050941
凱旋門です。
凱旋門の壁面は改修工事中のようで、足場が組まれていましたが、それを覆う布に壁の本来の彫刻が描かれていました。
素晴らしい。

もちろんパリ市内ですので
P1050946
街並みはこんな感じです。

まずは凱旋門に沿って1周してみます。
P1050955
バスもなんだか違いますね。

それでは凱旋門の中に入ろうと思います。
凱旋門のチケット売り場で
P1050964
ミュージアムパスを購入します。
これは2日有効で32ユーロです。
他に4日券、6日券があります。
http://www.parismuseumpass.com/
これで指定された美術館や博物館などに入る事が可能です。
アメリカにもシティーパスとかニューヨークパスとか同様のパスがありますね。
日本はこの分野でも遅れている気がします。

今回は32ユーロ分の美術館に行くとは思えないのですが、記念にもなるので購入しました。

購入したら裏に使用開始日と名前を記入します。

それでは凱旋門の中へ。。。
posted by itsuka at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

欧州へ。§3パリ編 Part47 凱旋門ふもと

凱旋門内部へと思って階段を上がったのですが。。。
P1050965
まだ凱旋門の外でした。
でも内側に移動。
P1050967
正面の回って見上げるように見ます。
天気が良くて良かったです。
P1050968
凱旋門は無名戦士を弔う意味もあるそうです。

でもこの凱旋門、ナポレオンが作ったというのは知っているようで知ってないですよねぇ。。。
でも完成したのはナポレオン死後のことです。

知られざる凱旋門。
内側には一杯書かれてます。
P1050969

P1050972

P1050973
何を意味しているのか解りませんが。。。ナポレオンを称えているか戦死者を弔っているかしているのでしょうね。。。

P1050970

P1050971
それにしても素晴らしい。。。

それではいよいよ中に入ります。

入口は。。。とても質素。と言うより普通の非常口のよう感じ。
ここで、簡単な持ち物チェックとチケット確認をされます。
そして待ちかまえているのは階段です。
あぁ。。。思い出すのは去年の自由の女神。。。
あそこも階段でしたねぇ。。。
古い建物ですから、エスカレーターとか有る訳無いのですよ。。。

と言うことで、約300段の階段を上り始めます。
やはり死にそうです。

でも辛いあとには素晴らしい物が待っているのですよ。。。
posted by itsuka at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

欧州へ。§3パリ編 Part48 凱旋門の中へ

約300段の階段を上りきり、凱旋門の上部へとやってきました。
ここは簡単な展示施設と売店があります。

何とも説明出来ませんから、いくつか写真を掲載しますので雰囲気をどうぞ。
P1050976

P1050977

P1050978

P1050979

凱旋門の精巧な縮尺レプリカもありました。
P1050980

おして床にはこんなアトラクションも。。。
P1050975
うーん。。。本当に穴が開けてあって強化ガラスが埋め込まれているのではなかったと思います。
この真下にカメラが設置してあって、モニターに映し出されているようだったかな。。。
ごめんなさい本当に覚えていません。

そしてここはまだ終着地ではありません。
更に上に上る階段が。。。

それではその階段を上ります。

そして階段を上りきるとそこに広がっていたのはこんな景色。
P1050996
なんと、パリが一望出来る場所。
屋上です。
素晴らしい天気に感謝感謝感謝。。。

しばしパリの風景を楽しみます。
posted by itsuka at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

欧州へ。§3パリ編 Part49 凱旋門の上から

パリの街並みは高層のビルがないので、とても良く見渡せます。
天気がよいので尚更です。まぁ、ちと寒いですが。。。
P1050982
こちらの方角が先ほど行った第2凱旋門です。
カメラの望遠をフルに使うと。。。
P1050985
ほら、さっき見た景色。
P1050986
道がまっすぐ第2凱旋門に向かっているのが解ると思います。
凱旋門に向かって12本の道が続いているんですよねぇ。。。
P1050988
お、この真ん中の通りは華やかですね。。。
P1050987
後で行ってみますか。。。
P1050998
パリを独り占めって感じです。
実際には一杯人がいるんですがね。。。
P1050999
奥の方に小高い丘も確認出来ます。

そしてこれが多分シャンゼリゼ通り。
P1050994
ルーヴル美術館まで一直線です。

P1050993
エッフェル塔ですね。
素敵すぎます。
P1050997
ここでもズームです。
凛々しいお姿です。。。

もう1つズーム。
P1050990
丘の上に歴史建造物のような物があります。
何でしょうねぇ。。。

はぁ、もう素敵すぎます。
いつまでもいれそうな気もしますが、そろそろ移動しましょう。

上る階段と降りる階段は別な物になりますので、降りる階段を使ってふもとに戻ります。
posted by itsuka at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

欧州へ。§3パリ編 Part50 凱旋門の周辺

遂に50回目に突入です。
でも100回までは行かないと思います。

ということで凱旋門を出ました。
先ほど気になった華やかな通りに行ってみましょう。
12本ある通りの中で唯一の道でした。
この通りのようです。
P1060002
この通りはこんな名前だそうです。
P1060003

こんな感じの通りでした。
P1060005
上から見ると綺麗だったのですが、実際には散った花(?)が道路に散乱していてちょっと美しくはなかったですねぇ。。。
P1060004
さて戻りますか。。。

ここはCDG空港からのエールフランスバスの終着地でもあります。
また観光バスも色々います。
そんな中。。。
P1060006
鶴丸もどき発見。。。

ついでなのでもう1カ所見ておきたいところが。。。

パリにはInterContinentalが2軒あります。
とは言え最近CrownePlazaHotelからブランド変更になったそうですが。。。
そのもう1つのInterContinentalがこの近くにあります。
それがこちら。
P1060014
エントランスが。。。ありませんが。。。
P1060015
しっかりInterContinentalです。
P1060016
結構素敵な作りです。
次回はこちらにも泊まってみたいな。。。

ホテルの前の通りからは
P1060017
この角度で凱旋門が見えます。

最後に
P1060012
凱旋門を真っ正面から撮る。
これ、普通出来ません。
信号を渡るとき、中央分離帯でポリスに止められてしまったときのみ撮影可能です。
真似しないように。。。
posted by itsuka at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

欧州へ。§3パリ編 Part51 エッフェル塔

と言うことで、凱旋門を後にして地下鉄で移動します。
シャルルドゴールエトワール駅から6号線に乗ってビルアケム(Bir Hakeim)駅で下車。
結構すぐ目的の物が見えますのでセール川沿いに進んでいきます。
P1060018
頭頂部しか見えなかった物が。。。
P1060019
次第に大きくなっていきます。

先ほど凱旋門からみたエッフェル塔でございます。
ものすごい人です。

エッフェル塔の麓から見上げる感じで。。。
P1060020

エッフェル塔は現在修復工事中のようです。
なのでこの様に養生されちゃっている
P1060030
かわいそうなギュスターヴ・エッフェルさん。

エッフェル塔には上ることが出来ます。
もちろん有料ですが。。。
ふもとから4本のエレベーターがあるそうなんですが、修復工事中の為2本しか稼働していません。
その2本に観光客が集中してしまっている為、エッフェル塔の下には恐ろしい程の長い行列。。。

上っても良いのですが、こんな列に並ばなければならないのか。。。
ということで、そんなに上る気もなかったので、素直に眺めることにします。
併設の公園のエッフェル塔が収まる位置に移動して。。。
P1060027
絵葉書のような1枚。
エッフェル塔の展望施設は3層だと言うことです。
もちろん上に行くにはそれなりの料金が必要。
P1060028
てっぺん。12ユーロ。
次回の課題と言うことで。。。

もう少し離れた位置から
P1060033
どこ撮っても絵になりますね。

しばらくはこの界隈を散歩。
世界のポストから。
P1060031
フランスは黄色ですか。。。

そして。。。
P1060032
TIMはフランスでも有名なようです。。。
posted by itsuka at 20:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

欧州へ。§3パリ編 Part52 平和の壁

エッフェル塔を眺めながら公園を散策。
公園の終わりのところに怪しげなモニュメントが。。。


たくさんの柱が立っており、何かが書かれているようです。


日本語の物も発見。。。

和平。。。と書かれているように見えますが、横書きだと平和と書かれています。

ここは平和の壁と言われるんだそうです。
他の言語でも平和と書かれているんだと思われます。

この平和の壁とエッフェル塔のコラボ。
素晴らしい。。。


こんな感じでも撮ってみました。

そしてこの平和の壁の正面には

旧陸軍士官学校があるのです。

その中央にある銅像。

どなたか存じませんが。。。多分有名な方なんだと思います。

さて。。。この先どうしましょうか。。。
とりあえずしばらくパリの街並みを見ながら歩きます。

で本当に街並みを見ながら15分程歩いたのかな。。。

昼過ぎだったのでカフェとかあったんですが、どこも混んでて。。。
晴れてますが寒い街中のオープンカフェでランチなんか私には無理です。。。
ということでこちらに来ました。

アンヴァリッドという施設だそうで。。。
負傷廃兵の収容施設だったと言うことです。
病院のような物でしょうかね。

ここに繋がる大きな通り。

ただの収容施設では無さそうです。
posted by itsuka at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

欧州へ。§3パリ編 Part53 アンヴァリッド

とりあえず中に入ろうと思います。


門には軍人と思われる方がいましたが、入場を拒むという感じではありませんでした。
挙動不審だったら止められるかも。。。

なんだか凄い作りです。
どんな施設でも手を抜いてないですよね。

今は病院的な運用は一切されていません。
いくつかの博物館がありました。
もちろんミュージアムパスも使えます。
博物館の中は軍事資料が主でした。この時代の軍隊はこんな格好だった見たいな。。。時代時代の衣装(軍服)が見られたり、銃や大砲が見られたりします。
ベル薔薇とか好きな人なら萌えられるかも知れません。
まぁ、私はあまり興味がないのですが。。。
この中には教会もありました。



ステンドグラスもなく、シンプルな作りです。

なんだか驚く程素敵なパイプオルガン。。。

シルバーなので一層荘厳な感じがします。

と一通り見たと思ったので後にしました。
が、どうもここにはナポレオンが眠っているようで。。。後ほどガイドブックをみて解りました。
まぁ、今となっては仕方がないです。

アンヴァリッドを出て近くにあるロダン美術館へと。。。

ところがものすごい混んでいたのです。
チケット行列が外にまで。。
と言うことで、見るべきものは他にもありますのでここに拘ることなく次へと向かいます。

パリにはレンタサイクルのシステムがあるというのを聞いてはいたのですが。。。

こんだけ歩き回っているのに初めてここで発見しました。
しかもこの先も遭遇しませんでしたので。。。
必ずしも便利という訳では無さそうです。
殆ど貸し出されてなかったしね。。。

と言うことで、素直に地下鉄に乗ってこちらへやってきました。

建物の一部です。
ぶっちゃけこれだけでは何だか解りませんよね。

では中に。。。

その前に。。。

街に溶け込んでいるマクドナルドです。
流石に赤と黄色のサインはNGですかね。。。

それでは中に入ります。
posted by itsuka at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

欧州へ。§3パリ編 Part54 休館日

やってきたのはこちら。

これだけでは解りませんか?

これでも解りませんか。。。

ではこちらでどうでしょう。

もう解りましたね。
ルーヴルです。

でも。。。なんか閑散としてない??
それにクレーンって何??

今日は開館日でしょ?
と言うことで、係員に聞いてみるとcloseとの返事。。。

あれ?
おかしいなぁ。。。

正直なところ、曜日の感覚が完全に狂っていました。
水曜日だと思っていたこの日、実は火曜日でして。。。
火曜日は休館日なんですよ。
やって無くて当然。。。
というか、ホテルに戻るまで水曜日だと思いこんでいたんですがね。。。
臨時休業なのかぁと本気で落胆してしまっていました。
まぁ、でも明日もあるのでね。。。

と言うことでルーヴル周辺を散策することにします。

とは言え何かがある訳でもなく。。。
こんな感じで恨めしそうに見るしか無く。。。

で、ここにも小さな凱旋門があります。

この日、3つの凱旋門を制覇しました。
もちろんこの凱旋門も一直線上に並んでいます。

気を取り直して移動します。
というか、一旦ホテルに戻ります。実は結構良い時間です。
地下鉄に乗っても良いのですが、その前に寄りたいところがあるので徒歩で。。。

やってきたのはヴァンドーム広場

記念柱です。
ここにやってきた理由はこちら。

何でもないお店ですが。。。

ちなみに宝石店のショーメです。名前は聞いたことありますよね。

こちらでお土産に宝石を買いに。。。と言う訳ではありません。

じつはこちら、ショパンがかつて住んでいたところだそうです。

ここにはリッツなどもあり、結構バブリーな場所です。

一度ホテルに戻ってきました。
それにしても広いです。パリ。
見たいところはいくつかピックアップしてきた物の、とてもじゃないけど全部は見れそうにないです。と言うか無理です。
市内だけでも1週間ぐらい欲しいです。
郊外含めたら1ヶ月は必要かなぁ。。。
まぁ、今後何度来られるか解りませんが。。。

と色んな事を考えながら小1時間休憩して、再び外に繰り出します。
まずは

マドレーヌ教会。
まるでギリシャのパルテノン神殿を連想させます。
そして何でもない建物も

素敵です。。。
こんなマンションに住んでみたい。。。
posted by itsuka at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

欧州へ。§3パリ編 Part55 コンコルド広場

目的地に到着。

コンコルド広場です。

やっぱり。。。明るいですね。。。
もう少し暗くなっていることを期待したのですが。。。
左の塔はオリベスクと呼ばれています。
右奥にはエッフェル塔。
左手にはシャンゼリゼ通りと凱旋門。
右手はルーヴル美術館。
後手は先ほどのマドレーヌ教会
オリベスクの奥には

ブルボン宮。国民議会下院だそうです。

ここは人も車も集まる場所のようで。。。
すごい勢いで車も飛ばしてます。
横断歩道もあるのですが、誰も信号守りませんので。。。

オリベスクも近くで見るとすごいですね。。。

エジプトからの寄贈品だそうです。
言われてみればエジプトっぽい。。。


この噴水も。。。
こんなのがごろごろあるんですよねぇ。。。

ではこのままルーヴルの方角へ。。。
チュイルリー公園に入ります。

ここは美術館ではありませんが、様々なブロンズ像が。。。

ちょっと気になった数体を紹介します。

苦悩する男性。。。
あーやっちまったなぁ。。。って感じです。

そして何故か裸でドロップキックをかましている女性。

本当はドロップキックをしているのではないのかも知れませんが。。。
何故そう感じたかというとこの右手には。。。

こちらも何故か裸で思いっきりやられてしまった感の女性の銅像があったからです。

修羅場でしょうか。。。

まぁ、勝手な想像ですけどね。。。

そして小さな凱旋門。


小さいからといって侮れません。

きっちり仕事されてます。
posted by itsuka at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

欧州へ。§3パリ編 Part56 山盛りムール貝

結局またルーヴルに来てしまいました。。。

今度は違うルートで戻ります。

まずはこの建物の裏手にある。

無数の円柱。
ここはパレ・ロワイヤル庭園と呼ばれるところ。
様々なショップが集結していると言うことですが、この時間もう閉まっていました。。。
パリの夜は飲食店以外空いてません。

なんとなくパリの標識。

当然ですがフランス語です。

そろそろ。。。食事でも。。。
ということで、昨日のうちにチェックしていた店に入ります。
とりあえず

ビールですね。
良く歩きました。。。
万歩計付けて歩きべきでしたかね。。。

オーダーを済ませると
プレッツェル

フランスパン

が運ばれてきます。

ビールのつまみに良いです。
そしてメインはこちら。

山盛りのムール貝です。
こちらはムール貝のお店なんですねぇ。。。
なぜかここでポテトフライが提供されます。
他のテーブルでも提供されていたので、そう言う物らしいです。


鍋もこれだけの深さがあります。

アップで。。。

臭みもなく、旨いです。

鍋一杯の貝ですが、殻の分もありますから。。。とは言え1人にはちと多いか。。。
数は数えていませんが、50個くらいはあったかそれ以上か。。。


ということでもちろん完食。
チーズとミルクで蒸し上げているんですかね。そんな感じの味でした。


食後のデザート。
非常に濃い味でした。

支払いは全部で40ユーロ程でした。まぁ、ビールはジョッキで2杯飲みましたしエスプレッソも付けましたので。。。
そんなに高いという印象ではないと思います。

Leon de bruxelles
http://www.leon-de-bruxelles.fr
posted by itsuka at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

欧州へ。§3パリ編 Part57 日付が変わって最終日。

食事を終えてホテルに戻って来ました。

今日こそは夜景を。。。と思っていたのですが。。。
気付けば今日も真夜中に気付く有様。。。
いっぱい歩いたしね。。。

と言うことで、夜景は今回お預け。。。

でもバルコニーから

1枚だけ撮影してました。。。

と言うことで翌日。。。

8時前に目が覚めます。

長かったゴールデンウィークの旅行も今日が最終日です。
とは言え成田行きは20時発で到着は翌日ですからまだまだ時間はあります。

ホテルはレイトチェックアウトで16時までいられるので、ぎりぎりまで観光します。
レイトチェックアウトが出来るからInterContinentalに泊まっている感じですが。。。

時間が勿体ないので身支度を調えて出かけます。
Operaから地下鉄を乗り換えてCite駅で降ります。
地上に出て見回すと、正面に見えたのはこんな建物。


目的地ではないと思いますが、とりあえず近づいてみます。

ここは最高裁判所らしいです。
朝も早いので出勤する職員ぐらいしかいないと思いますが。。。

というか、ここが目的地ではありませんので移動します。

シテ島にやってきたと言うことは、目指す場所はもちろんこちら。

ノートルダム大聖堂です。

ノートルダムの鐘。

ここは教会なので朝早くから開いているのです。
と言うことで中に入ります。

入口に近づくと入口の大きさに圧倒されます。


正面から建物を見上げてみる。。。


起工が1163年、完成は1320年と言うことです。

修復を何度も重ねているから今があるんでしょうね。。。

右の方から入ります。


広がっていたのはこんな空間でした。




教会に付きもののパイプオルガンも上過ぎて遠いです。


高い天井もこんな感じ。

あまりのスケールのでかさに圧倒されます。。。
posted by itsuka at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

欧州へ。§3パリ編 Part58 ノートルダム大聖堂

朝早いこともあり、閑散としていました。

でも基本教会ですから人が多くても静かな場所ですがね。。。

巨大な教会を歩きます。

それにしてもステンドグラスも素敵です。




この教会のイスは教会にありがちな備え付けの長いすではなく、

こんな感じで独立したイスでした。
しかも上手く連結出来るようになっていてばらばらになりません。

もしかしてイスを全部撤去することもあるんですかね。。。
ものすごい広い空間が出来ます。

結構長いこと教会の中にいましたが、時間が限られていますので次に行きたいと思います。

ちなみに10時以降であれば、塔に上ることも可能だそうです。もちろん階段ですが。。。やっぱり400段くらいあるそうです。

外に出て別の角度からも撮影。

所々修復もしているようです。





シテ島はセーヌ川にある島です。来るときは地下鉄で入ってしまったので、帰りは橋を渡ってみます。


橋を渡った先には市庁舎があったりするのですが、何かイベントの準備をしていました。
地下鉄駅を探すべくここで地図を見ていたのですが、どうやら近くに塔があるようなので、ついでに行ってみました。


サンジャック塔と言うそうです。
そんなに大きくはないのですがね。。。
公園の中にありますが、教会の一部なんだそうです。

ここは中に入ることは出来ませんが、中央にはこんな銅像がありました。
説明のプレートはあったのですが、フランス語でしたので解読不能でした。。。

そして地下鉄駅の近くにあった建物。

何の建物か解りませんでしたが、後の調べてコンシェルジュリーという王室管理府の建物だそうです。

では、今日のメインイベントへ向かいます。
posted by itsuka at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

欧州へ。§3パリ編 Part59 ルーブル美術館

ノートルダム寺院を後にして、次に向かったところはもちろんあそこです。

昨日曜日を間違えて休館日だったルーヴル美術館です。
地下鉄の改札を出て表示に沿って進んでいくと、地上に出なくても直接ルーブルの中へ入れるようです。
段々そんな雰囲気が漂ってきました。
と手荷物検査場が。。。
これを通さないことには中に入れないようなので、素直に並んで検査を受けます。
無事検査を通過してもう少し進んでいくと。。。

こんな開けた場所に出ます。
これが有名なピラミッドの下なんですねぇ。。。
とは言えここまでは手荷物検査を受ければ入場券が無くても入れる場所です。
見上げるとこんな感じ。

画像で見ただけではサンハウスにいるのと大して変わらない気もするのですが。。。紛れもないルーヴルですので。。。

中央のインフォメーションに各種言語の案内が置いてあるので、日本語版を入手してまずは状況を確認。。。

成る程。。。入口の色々あるのですね。。。

でもここはやっぱり目指すはあれでしょうと言うことで。。。

ドゥノン翼の入口から入ります。
もちろん昨日購入したミュージアムパスが使えます。

日本の美術館・博物館と違い、ルーヴルであろうとも館内の撮影は特別展示を除き認められています。
もちろん大量に撮影させていただきましたが、この感動はやはり現地で直接見ていただきたく、また諸々の懸念事項もあるのでブログでは非公開とさせていただきます。

写真でも良いので見たいという私の知り合いの方は別途申し出て下さい。
次回お会いするときにでも披露させていただきます。

まぁ美術の教科書に出ている物がいっぱいある訳ですよ。。。

サモトラケのニケとか、
ミロのビーナスとか、
トルコの浴場といか、
レースを編む女とか、
恐ろしく大きな絵画とか
結構無造作に展示されてます。
すごい作品なのにその他大勢って感じなのも仕方がない感じです。
触ろうと思えば触れる距離です。もちろんそんなことをしてはいけませんが。。。

そんな中、目的のモナリザだけは違いました。
近づけない。。。
展示してある壁から唯一距離が設定されていました。
別格ですね。。。

という感じで、限られた残り時間、ルーブルを堪能させていただきました。
とは言え短い時間ですし、全てを見ることは不可能なので、思い切り駆け足でしたが。。。
それでも今回は十分満足出来る内容だったと思います。

ふぅ。。。

で、流石に疲れましたし、ホテルに戻ってチェックアウトもしなければなりませんので、良き時間でルーヴルを後にします。

で、ミュージアムパス使用の為チケットカウンターを使わなかったので出るときに気付いたのですが。。。

アブダビにルーヴルが出来るそうです。。。

近代風ですね。。。

さて、朝から何も食べてません。
何か食べたいなと言うことで、ルーヴルの地下(制限区域外)にあるフードコートに寄ることに。。。
このサインが目印です。


ルーヴルの中ですが、ここは至って普通のフードコートですのでリーズナブルなお値段で様々な食材が楽しめます。

壁際にいっぱいお店があります。10店舗ぐらいはありましたかねぇ。。。
マクドナルドもあります。

世界中のマクドナルドを制覇すると言う目的を持って旅をしている方もいるんでしょうね。

そんな中私がチョイスしたのは

パエリアです。
スペイン料理?
シーフードかチキンか選択出来たので、チキンを選択。
プチパンと

コカコーラを付けて。。。いくらだったかな。。。
現金で払ったのでレシートが。。。
13ユーロしなかったくらいだと思います。

ここで腹を満たしてホテルに戻ります。
posted by itsuka at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

欧州へ。§3パリ編 Part60 帰路へ。。。

ルーヴルからは地下鉄で戻ってきました。
オペラ駅の地上に出て、少しだけ周辺を歩いてみることに。。。

パレ・ガルニエの中にはいることはありませんでしたが、中はきらびやかなそうです。


後はこんなの。。。

それから

こんな店もありました。。。
入ると日本語です。もちろん売ってる本や漫画も殆ど日本の物です。
ちなみにANAの支店があるビルです。

そしてホテルに戻ってシャワーを浴びて16時少し前にチェックアウトします。
フロントでどうでした?って感じで聞かれたので、良いホテルでしたよって答えた気がします。
次回もし来られる事があればやはり泊まりたいですね。。。凱旋門の方のもう1つのInterContinentalにも。。。

その後ロワシーバス乗り場に行くと、丁度バスがいましたので乗り込みます。
小銭が丁度9.1ユーロ分あったので、丁度で支払ったらドライバーに驚かれました。
たまたまだったんですがね。。。

出発間際だったようで、私が乗り込むとすぐに出発。
連結部分のこんな位置に座りました。

空港まで後ろ向き。。。

空港までノンストップ。一番最初にTerminal2に止まります。

Terminal2はこんな丸い形をしています。

モニターでカウンターを確認。

大分早く着いてしまいましたね。。。今16:36。出発は20:00ですから。。。

ANAのチェックインカウンターに向かう前にこの旅程の間に発表になったこの会社と

この会社の合併。

アライアンス変更したときからほぼ決まっていたこととは思いますがね。。。このタイミングですか。。。

搭乗3時間以上前ですがカウンターは既に空いていました。

ガイドブックには混むので早く行った方が良いよって書かれていたので正直に早く来たらガラガラでした。。。

CDGは☆GだとFカウンターが使えるんですね。

と言うことで、Fカウンターに並びます。でも先にCカウンターが空きましたのでCカウンターで手続きします。
既にアップグレードも確定していましたので

この様なチケットを発券されます。

ただ、これで終われないのがCDGのアップグレード。。。
ここで、“アップグレードしたよね。お尻贅沢税を払うんだよ。”と日本語で書かれた案内も渡されますので、係員に拉致られて発券カウンターへ連行されます。
ここで差額36ユーロを支払うと晴れて解放。。。

CDGとLHRはこれを避けることが出来ません。。。
posted by itsuka at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。