2010年06月12日

欧州へ。§3パリ編 Part40 InterContinental Paris Le Grand #1

オペラでロワシーバスを降りて、ホテルに向かいます。
今回のホテルはロワシーバスの停留所から目と鼻の先のこちら。
P1050862
Le Grand Hotelとしか書かれていませんが、InterContinentalです。
ロビーの写真撮ったつもりが一切残ってませんでした。。。
今回の旅行では撮ったつもりで撮ってないことが多いのです。。。それだけ旅にのめり込んでいたと言うことかも知れません。
今回、このホテルにポイントで宿泊しました。
と言うのも高いんですよここ。。。
というかパリのホテル自体価格が高めなんです。
私が宿泊予約した日程だと1泊素泊まり一番下の部屋で340EUR(約4.1万円)。
でも今回の旅行の目的地はなんと言ってもパリ。ロンドンではけちった分、やはりパリに来たからにはここ泊まりたかったんですよ。
とは言えあまりにも高すぎるので、伝家の宝刀、これまで貯めに貯めたPCRのポイントと少しの支払いで泊まることにしました。
リモエを転がしてエントランスに行くと、ドアマンが気付いてくれます。ロビーに行くには数段ですが階段を上らなければいけないのです。
そこでドアマンが大きい荷物を預かってくれます。
荷物の預け票を受け取ってロビーへ。
カウンターでAMBカードと預け票を出してチェックイン。
こうすると、荷物は後ほど部屋に届けてくれるというシステムです。
部屋番号は3316と言うことで3階。日本式で言うところの4階になります。
P1050921
3階は一応クラブフロアのようです。
P1060131
でもクラブラウンジ使えませんけどね。
オファーもなかったし。。。差額もきっと高い。。。
P1050891
部屋のドア。
まぁ、至って普通です。
ポイントで宿泊なので、一番下のクラスのCLASSIC ROOMしか予約出来ないのですが、Web上でSUPERIOR ROOMにアップグレードされていました。
多分この部屋はSUPERIOR ROOMなのだと思います。
入ります。
扉を開けて一番最初の部屋は、
P1050865
クローゼットルーム?でした。
まぁ、暗いこと。。。
フラッシュ焚いているので赤い明るい部屋に見えますが、実際は豆電球1個程度の明るさしかありません。
この隣の部屋と言うか奥が
P1050863
ベッドルーム。
まぁ、広くはありません。
でもこれだけあれば必要最小限というか。。。
P1050864
うーん。高かろう狭かろう?
バスルームはこの部屋の奥にあります。
P1050866
奥にドアが見えるでしょ。
初めてですね。バスルームが奥の作りの部屋は。。。
でもね。。。
P1050867
バスルームはそれなりに広いのです。
一応トイレも奥まった位置で隔離されてます。
P1050870
トイレの前には
P1050871
シャワーブース。
洗面台はこんな感じ。
P1050869
窓はベッドルームとバスルームに一つずつありました。


posted by itsuka at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。