2010年01月31日

日本のはじっこ最終章 Part3 波照間上陸

HTRA1021
桟橋から船を見ます。
ニューはてるまです。
石垣の一般的な船の形ですね。

チケットを渡して乗り込みます。
私が最初の乗船者のようです。
真ん中辺りに陣取ります。
HTRA1022
壁にはこんな張り紙が。。。
HTRA1023
波照間島までは約1時間です。
天気が良くないので、景色も良くないですね。。。
まぁ、朝が早かったこともあり、よく眠れました。。。

海も殆ど波がなく。。。
揺れも殆ど無かったです。

ちなみに乗員は3名。乗客も私を入れて3名しかいませんでした。
まぁ、これで波照間に行ったら折り返しの船で石垣に帰らないともう戻れませんから宿を取ってない限り野宿するしかありません。
つまり、海況が夜変わってしまうとリアル島流しに遭いますので。。。

まぁ、この時期は閑散期なので、満席になるって乗れないって事はないようですが。。。

1時間後波照間島に到着。
宿にこの船で行く予定だと伝えていたので、迎えの車がいました。
その車で宿まで向かいます。

ゆっくーり走って5分程で到着。
部屋を案内されます。
部屋はプレハブですがシャワー・トイレが共同ではなく独立しているのでプライバシー感があります。
感というのは。。。
外鍵がないのですねぇ。。。
うーん。。。怖いですねぇ。。。
そしてスクーターをレンタルするのですが。。。
この鍵もスクーターにチェーンで固定されています。
取るような人はないから大丈夫というのでが。。。
この感覚は理解しづらいです。。。
ちなみに。。。免許証のチェックもありませんでした。。。

それでは部屋の紹介です。
HTRA1024
ミニキッチンつき。
部屋は和室でキッチン部分も含めて約10畳程です。
HTRA1025
和室ですから。。。布団です。。。何年ぶりでしょう。。。
HTRA1026
水回りです。
HTRA1027
シャワーつき。
HTRA1028
この宿にしたのは、プライバシーがそれなりにあること。
インターネットで予約が出来ること。
シャワーとトイレが共同ではないこと。
wifiが使えること。
とまぁ、比較的設備が良かったんですね。
素泊まりで3,500円。
波照間で素泊まりとしては高額な方です。

そしてスクーターのレンタルも宿がやってますので、支払いが一括で出来るんです。
HTRA1029
今回の相棒。1日2,000円。
思ったより新しいようです。

天気は良くなく、寒いのですが。。。
他にすることがないので、ちょっと出かけましょう。


posted by itsuka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。