2008年11月02日

黒船に乗って #1 11/1 フライト#35 羽田 > 関西

さて、ANA=SFJ関西線コードシェアに乗りに行きます。
羽田初便は10:05発です。
普段会社に行くのと同じ時間帯に起床、出発しました。普段通りの生活リズムにしておけば起きられると思ったので。。。

写真取り忘れましたが、京急羽田空港駅の降り口案内は既に対応済みでした。

最初に断っておきますが、今回の目的は黒い飛行機に乗る事です。つまり、関西空港から先は復路です。目的を達成した後の行動は何があっても復路だと思って下さい。どこへ行こうが復路です。今日は3レグしましたが、2レグ目は復路1、3レグ目は復路2です。

羽田に到着してまず最初にした事は、復路の当日アップの確認です。復路1は満席の為KIXで空席待ちの手続きをする事に、復路2は空席があったので、手続きをして貰いました。
今回の3レグは、往路と復路で発券が別々だったのですが、この時まとめて搭乗手続きをしました。
往路も復路も乗り継ぎ扱い。おかげで搭乗口案内のレシートが長く。。。
しかも後々めんどい事になりました。

プレミアムなカウンターで手続きを終えた後、オレンジの端末で領収書の発行を使用としましたが出来ない。。。普段は出来るのに何故??仕方がないので、保安検査場通過後、ANA SKY KIOSKで発行する事にします(ANA SKY KIOSKでは発行出来ました)。

そして昨日の記事に書きましたが、SFJのカウンターを見に行く事にします。広い広い2タミを1番カウンターまで歩きます。なるほど、こうなりましたか。。。
SFJHND0
SFJHND1

現状が確認できたのでプレミアムな保安検査場から入ります。何故保安検査場Aから入らなかったんだろう。。。そして搭乗口であるバス乗り場に降りる前の案内を見ます。
HNDBUST
スターフライヤーの表示がされていますね。
ANA便予約なので、ANA LOUNGEが使えます。これが1タミと2タミの差ですね。今日も本館と本館南が指定されていましたが、どう考えても北ピアの方が近い気がしたので、北ピアに向かいます。

今日の北ピアのANA LOUNGE、全ての窓にスクリーンが降りていました。外が全く見えない状態ではないのだけど、うっすらとしか見えない。

最近ニューアイテムが登場しましたが、今回は時に目新しいものはありませんでした。
ネタ切れですかね。

登場開始時間の30分程前になったので、バス待合室へ。やはりここから乗るのは初めてのようです。こんなに広いとは思わなかった。。。
既に一般搭乗になってました。
バスは国際線ターミナル脇から地下に入り黒い飛行機の元へ。。。一瞬1タミまで連れていかれるんではないかと思いましたがそれはなかったです。

そこには黒い世界が待っていました。シートが黒いだけなんですけどね。
機内に入るとイヤフォンが手渡されます。
CAさんはパンツスーツです。結構かっこいい感じでした。
搭乗率はかなり高かったのですが、私の隣は空席でした。なので写真撮りやすい。。。
まぁ、機内はこんな感じ。
SFJ1
シートはこんな感じ。
シートピッチは若干広い感はありました。735の非常口席位じゃないかなぁ。。。
SFJ2
肘掛けの上部にオーディオのスイッチ類があるので、間違って押してしまう可能性があります。ヘッドフォンではなく、イヤフォンはここに接続。2ピンです。持ち帰っても使えません。ていうか持ち帰っちゃ駄目なんだと思う。
この下の座席の下あたりにコンセントがあります。
SFJ4
そしてちらちら見えてるパーソナルモニター。
SFJ3
最初は使えません。離陸前に安全の説明が流れた後、準備中状態になり、離陸後強制CMが2分程放映された後使える様になります。強制CM中は、CM音声も機内に一斉放送されてます。
安全の説明は男性が説明してくれます。フレームCGとか使って結構かっこいいです。
タッチパネル式で、全ての操作がこれでできる様になります。つまり肘掛けのスイッチはこれが使えるまでのつなぎ。でも間違って押したら反映されてしまうので注意は必要です。
オーディオプログラム、ビデオプログラムあわせて20CH程準備されています。映画も放映されています。同じ映画を50分ディレイ放送しているので、往復で見る事も可能です。
この辺のプログラムは毎月変わる様で、SFJHPからプログラムの確認は可能です。
オーディオプログラムがねぇ。。。なんとなくSFJらしい音楽ばかり。昔の言葉で言えばヤンエグ向け(笑)。SFJに乗ってるんだからSFJの顧客ターゲットに合わせた客になれって感じかなぁ。。。
ANAの様な老若男女がどれかのチャンネルを楽しめる様に作っていないと思って下さい。
とりあえず私は1chをチョイスして、後はフライトマップにしてました。
ドリンクサービスは、SFJと言えばタリーズですが、ここはあえてスープをチョイス。
SFJ5
ミネストローネですが、微妙に辛い。
何かと裏切ってくれます。。。
飛行高度は6,200mより高くは飛んでませんでした。ちょっと不思議でした。。。
パイロットのアナウンスも無し。
着陸態勢にはいるときのシートベルト着用サインが出るときは自動アナウンスでした。なぜここだけ自動アナウンス。。。

KIXでは新しい方の滑走路に着陸した為、延々と地上を走りました。

3週間ぶりのKIXです。
で、多少前後しますが、SFJカウンターの様子を。。。
SFJKIX1
SFJKIX2
誰もいないSFJカウンター。
そして。。。
SFJKIX3


posted by itsuka at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008年搭乗記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 隣が空席で黒いのって言えば、、、中部空港発着の国際線のプレミアムエコノミーのごとく、中央座席の一部を使って超快適なフライトじゃなかったですかぁ?
 うらやましいです♪
Posted by くら at 2008年11月06日 19:03
中央座席の一部使ってみましたが、なんか上手く安定しませんでした。でも隣がいないのはラッキーでしたよ。
もう少し落ち着いてから乗ればゆっくり出来そうです。でも隣席が空席かは保証はされないんですよね。。。PYと違って。
次回の衝動搭乗の際はぜひ。。。
Posted by itsuka at 2008年11月06日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。