2008年08月06日

ANA便、休止・増減情報が発表されました。

国際線◆休止

中部=台北 2008/10/26〜 7往復/週 737-700
関空=グアム 2009/1/13〜 7往復/週 737-700ER

国際線◆運行機材変更

成田=アモイ 2008/10/1〜 7往復/週 A320(110)>737-700(120)
中部=広州 2008/10/1〜 7往復/週 737-700(120)>A320(110)
成田=上海 2008/10/26〜 7/21往復/週(919/920便のみ) A320(110)>777-200ER(223)
成田=広州 2008/10/26〜 7/14往復/週(933/934便のみ) 767-300ER(214)>737-700(120)
成田=虹橋 2008/10/26〜 7往復/週 777-200ER(223)>767-300ER(214)

国内線◇増便

羽田=佐賀 2008/11/1〜 3往復/日>4往復/日

国内線◇休止

長崎=沖縄 2009/2/1〜 1往復/日 (SNAコードシェア運行予定)

国内線◇減便

新千歳=仙台 2008/11/1〜 5〜7往復/日>3往復/日 (ADOコードシェア運行予定)
女満別=関西 2008/11/1〜 1往復/日>夏季運行予定
新千歳=関西 2008/11/1〜 5往復/日>4往復/日
羽田=関西 2008/11/1〜 7往復/日>5往復/日 (SFJコードシェア4往復/日)
羽田=大島 2008/11/1〜 2往復/日(PROP+JET)>1往復/日(JET)
関西=沖縄 2008/11/1〜 5往復/日>4往復/日
鹿児島=沖縄 2009/2/1〜 3往復/日>1往復/日 (SNAコードシェア運行予定)
中部=松山 2009/2/1〜 3往復/日>2往復/日

もっと大幅な減便・休止があるかと思いましたが、そうでもなかったですね。ネガティブな要素は見受けられません。コードシェアを上手く使い、自社だけでなく、SNA/ADO/SFJの成長を促しているようにも思えます。都合の良いように使っているという見方もあるでしょうが、コードシェアするのもその便に搭乗がなければリスクにしかならないですし、路線を手放して他社が入ってくれればよいですが、そのままになれば地域の活性を奪う事にもなる事を考えると、私はこのやり方を支持したいです。


posted by itsuka at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ANA/AMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。