2010年07月12日

欧州へ。§3パリ編 Part66 NH206 機内サービス

少し戻ります。

食事のオーダーが終わって、最初に食前酒と突きだしの提供がされました。

こんなの。

飲んで食べて、
本来であればこれが終わる頃、もしくはもう1杯くらい飲み終わった頃に前菜が提供される良い時間になると思うのですが。。。

いつまで経っても前菜が提供されない。。。

時間も時間ですから、ぶっちゃけ眠いのですよ。。。
22時頃ですから。。。

待ちつつ眠りつつ。。。
で結局いくら待っても来ないもんですから最終的には眠気の方が勝ってしまったようで。。。

ほんの少し場かり眠っていたようなんですが、目を覚ました頃には隣の人がメインを食べていたときでしたので、思い切り眠ってしまったのではないと判断出来ました。

それにしても。。。今の時間にメインが提供されているとは。。。
と思う程遅い提供だったのです。

そしてすぐに前菜が運ばれてきて。。。

和の旬菜3品

メイン。

【燻】“特製”フィレ肉のローストビーフを和辛子の香りとともに
北海道産ゆめぴりかの炊き立て御飯 味噌汁 香の物

これもね、最初にオーダーしたのとは違う物なんですよ。。。
実際に提供する段になって切れてしまって。。。と説明を受けて変更。
つまりはここでもウェイトが発生していたのです。

最後にデザート。

マンゴーのシャーベットとバニラアイスクリーム

で、食事が終わってたのはフランス時間で24時ちょっと前。。。

あまりにもお粗末なサービスでした。。。

その後はもう寝ます。。。
この日も良く歩いたので体が悲鳴を上げているようでした。。。

2-3時間程眠った気がします。
シェードを開けて見たのはこんな景色。

1度目が醒めてしまうと後は眠れないので、ここからエンタメをまさぐって映画を見ていたと思います。
何を見ていたかは流石に覚えていないです。
でも1本見た気がします。

そして軽食をオーダー。

葱味噌ラーメン
クラブハウスサンド

葱味噌ラーメンは往路で頼んだらもう無くなっていたのでリベンジしました。
でもね、パッケージは見てしまったので。。。
写真には納めていませんが、カップラーメンそのものです。
恐らく調理法もお湯を注いで戻して移し替えてだと思います。

まぁ、生麺タイプのカップラーメンを飛行機で食べられるように調合しているんだと思います。

悪くはないですが、それなりのお味でした。

飛行機の上で麺類を食べるならうどんをお勧めします。

クラブサンドはやはり下の方が水っぽくなってしまいますね。。。

もう少し調理方法を工夫した方が良いと思います。

そしてあとは成田まで。。。

こんな感じで雲ばかりの風景でしたので。。。

でも国際線744は年内で引退しますので、NHでエンジン2発の写真を撮るのはもう出来なくなってしまうんですね。。。

到着1時間程前、CAさんが私の元に来て。。。
色々と済まんねと詫びを入れてきました。

意見を求められたので、サービスが変わって間もなくて慣れてないにしても正直良いサービスだったとは言えないので、もう少し何とかならんのかと言うことを言ったと思います。

次回長距離国際線に乗るときまでに改善されていると良いのですが。。。と。。。

新造機773ERのギャレーは多分パワーアップしていると思うのですが、既存機で同じサービスをするには満席では難しいのかなぁ。。。

往路の搭乗率およそ50%では既存機773ERでもサービスに問題なかったので。。。

そんな感じで後味はあまり良くありませんが成田空港に無事到着。


バゲージクレームでリモエをピックアップします。
普段荷物は機内持ち込みにしてしまうので、成田のバゲージクレームを使ったのはこれが始めてか?

あ、パラオの時も使ったか。。。
でも10年以上も前の話なので、今とは全く違ったと思います。

そして帰宅ですが。。。何で帰ろうか悩みましたが結局体が楽なN'EXで帰りました。
この時が旧車両N'EX最後の乗車になったのでした。。。

と言うことで、長々と続いたアジア周遊ヨーロッパ旅行は終わりとなります。

次回まとめ。


posted by itsuka at 20:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。