2010年07月06日

欧州へ。§3パリ編 Part60 帰路へ。。。

ルーヴルからは地下鉄で戻ってきました。
オペラ駅の地上に出て、少しだけ周辺を歩いてみることに。。。

パレ・ガルニエの中にはいることはありませんでしたが、中はきらびやかなそうです。


後はこんなの。。。

それから

こんな店もありました。。。
入ると日本語です。もちろん売ってる本や漫画も殆ど日本の物です。
ちなみにANAの支店があるビルです。

そしてホテルに戻ってシャワーを浴びて16時少し前にチェックアウトします。
フロントでどうでした?って感じで聞かれたので、良いホテルでしたよって答えた気がします。
次回もし来られる事があればやはり泊まりたいですね。。。凱旋門の方のもう1つのInterContinentalにも。。。

その後ロワシーバス乗り場に行くと、丁度バスがいましたので乗り込みます。
小銭が丁度9.1ユーロ分あったので、丁度で支払ったらドライバーに驚かれました。
たまたまだったんですがね。。。

出発間際だったようで、私が乗り込むとすぐに出発。
連結部分のこんな位置に座りました。

空港まで後ろ向き。。。

空港までノンストップ。一番最初にTerminal2に止まります。

Terminal2はこんな丸い形をしています。

モニターでカウンターを確認。

大分早く着いてしまいましたね。。。今16:36。出発は20:00ですから。。。

ANAのチェックインカウンターに向かう前にこの旅程の間に発表になったこの会社と

この会社の合併。

アライアンス変更したときからほぼ決まっていたこととは思いますがね。。。このタイミングですか。。。

搭乗3時間以上前ですがカウンターは既に空いていました。

ガイドブックには混むので早く行った方が良いよって書かれていたので正直に早く来たらガラガラでした。。。

CDGは☆GだとFカウンターが使えるんですね。

と言うことで、Fカウンターに並びます。でも先にCカウンターが空きましたのでCカウンターで手続きします。
既にアップグレードも確定していましたので

この様なチケットを発券されます。

ただ、これで終われないのがCDGのアップグレード。。。
ここで、“アップグレードしたよね。お尻贅沢税を払うんだよ。”と日本語で書かれた案内も渡されますので、係員に拉致られて発券カウンターへ連行されます。
ここで差額36ユーロを支払うと晴れて解放。。。

CDGとLHRはこれを避けることが出来ません。。。


posted by itsuka at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 2010/GW RTE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。